炭水化物ダイエット.com TOP → 炭水化物中毒の予防 中毒チェック

中毒チェック

野菜を食べようとせず、パンやごはん以上にスナックなどを渇望するようになると、中毒症状が顕著に現れている証拠になります。またケーキ類などを非常に強く欲するようになり、それが叶わないとイライラしてしまうこともあります。このイライラしてしまうという状態になってしまうと、食べられない状態だとストレスが溜まり、食べたら食べたで炭水化物中毒が深刻化していくという、悪循環に陥ってしまうでしょう。

例えば食後のデザートを摂取したのに、「まだ物足りないな」と思ってしまい、追加でデザートを食べたくなってしまう。このような状態であれば、炭水化物中毒の疑いは深まっていきます。しかもどれだけ豪華な食事を摂ろうと、そこにデザートがない(炭水化物が不足している)と、それだけで不満を感じてしまい、無性に炭水化物を摂取したいと思うのであれば、それは炭水化物中毒の症状かもしれません。

炭水化物中毒かどうかをチェックするには、上記以外だと、例えば試しに一日だけ朝食を抜いてみると良いでしょう。そうすると通常であればお腹が空いてしまうはずですが、炭水化物中毒を発症しているとむしろお腹が空きにくくなっているのです。他にもきちんと食事を摂っていても、どうしても満腹感が得られない場合など、炭水化物中毒を発症している可能性は高いです。

炭水化物中毒の予防をする前に、まずは上記のような体験をしていないか考え、中毒チェックを行うのが良いでしょう。


炭水化物中毒の予防



エアコンクリーニング 大垣
エアコンクリーニングを大垣でならまごころ便利屋スマイルで!

インタール
インタールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!