炭水化物ダイエット.com TOP → 炭水化物中毒 炭水化物中毒と肥満

炭水化物中毒と肥満

炭水化物の過剰摂取により、インスリンの分泌が増え、炭水化物の過剰摂取欲求を引き起こしてしまい、それによって脂肪として体に蓄積されると言われています。そもそも、炭水化物(糖質)を過剰に摂取すると太ってしまうのは、ほとんど常識といって過言ではないかもしれません。甘いものを食べ過ぎたせいで太ってしまった、という話は、そこかしこに存在するありふれたものです。

単純に炭水化物中毒になったから肥満になる、というものでもないですが、やはり肥満になりやすくなるのは確かです。実際に炭水化物中毒の方は、肥満を発症してしまっているケースが多々見受けられます。炭水化物を摂り過ぎてしまうのですから、それもそのはずでしょう。甘いものを際限なく摂取しているのに太らないという話なんて、ほとんど聞いたことはありません。

炭水化物ダイエットは、炭水化物中毒を発症している方にとっては適したダイエット方法です。なにしろ炭水化物の摂取を最低限に抑えるダイエットですし、生活習慣病を誘引しかねない肥満を解消するという目的と照らし合わせても、非常に合理的と言えるでしょう。ただ、際限なく摂取したいという食欲を抑えるのも大変なもの。しかし炭水化物ダイエットを行わないと、炭水化物中毒は治りません。

炭水化物中毒に陥れば、ほぼ確実に肥満になってしまいます。そのため、炭水化物中毒の方は、炭水化物ダイエットによって低炭水化物メニューでの食生活を勧められることになるでしょう。


炭水化物中毒



クエストラン
クエストランなら医療関係者向けの製品情報サイトで!