炭水化物ダイエット.com TOP → 炭水化物中毒 インスリンと炭水化物中毒

インスリンと炭水化物中毒

ヒトの体のなかで、唯一血糖値を下げてくれるホルモンだとされているインスリンにより、食事によって取り入れられたブドウ糖は調節されています。しかしその調節がうまくいかないことにより、炭水化物中毒を引き起こしやすくなってしまうのです。ブドウ糖の調節が上手くいかないことの原因としては、基本的に炭水化物を摂取しすぎることが挙げられます。

インスリンというのは、炭水化物を摂取すれば摂取するほど生成されていくもので、この基本原理は変わりません。しかしインスリンというのはペプチドホルモンの一種であり、生成のし過ぎでホルモンバランスが崩れてしまうと、いわゆる炭水化物中毒が発症してしまうことがあります。炭水化物中毒に陥ると、どれだけ炭水化物を摂取しても満腹感が得られなくなるため、際限なく食べてしまうようになり、更にインスリンは生成され続けるという悪循環に陥ってしまいます。

炭水化物中毒は炭水化物の過剰摂取によって発症しやすくなります。要は炭水化物の摂取によってインスリンが過剰に生成されるために起こるのですが、生理反応は自分の意思で抑えられませんので、炭水化物の摂取に着眼したほうが良いでしょう。インスリンを過剰に分泌させないためには、炭水化物の過剰摂取を控えることです。

炭水化物中毒は肥満を招き、生活習慣病を発症しやすくする危険なものです。低炭水化物メニューを心がけ、炭水化物中毒から身を守るようにしましょう。


炭水化物中毒