炭水化物ダイエット.com TOP → 炭水化物中毒 炭水化物中毒とは

炭水化物中毒とは

炭水化物中毒とは、体に入った炭水化物に対するインスリンの分泌が過剰になり、中毒症状を起こすことを言います。インスリンというのは体内にあるペプチドホルモンの一種であり、そもそもの作用は炭水化物(糖類)の代謝を活発にすることです。しかしこのインスリンの分泌量が過剰になってしまうと、糖尿病などの生活習慣病が起こりやすくなったり、ホルモンバランスが崩れやすくなったりしてしまうのです。

そもそも炭水化物は摂取すると、体内(胃腸)でブドウ糖に分解されるものです。そして分泌されたインスリンによって、ブドウ糖はグリコーゲンとなり、これが体内の、厳密には筋肉・脳といった部位のエネルギーとなるのです。この一連の流れは、身体を動かすためのエネルギーを作るために必要なもので、これが出来なくなると慢性的な倦怠感などが起こります。

しかしインスリンが多すぎても、問題は出てくるもの。それが炭水化物中毒と呼ばれる中毒症状です。インスリンが増えすぎて炭水化物中毒になると、炭水化物を食べても食べても満足できなくなり、先述したように糖尿病などの生活習慣病が起こりやすくなってしまいます。また満腹感が得られなくなるため、肥満にもなりやすくなるでしょう。

炭水化物中毒は、基本的に炭水化物の摂りすぎで起こるものです。そのため肥満も発症しやすくなっているため、肥満と炭水化物中毒の両方を解決するために、炭水化物ダイエットを行って低炭水化物メニューを摂るようにすることもあります。


炭水化物中毒



アラバ
アラバなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

学会ポスター
学会ポスターならディプリーズ楽天市場店で!