炭水化物ダイエット.com TOP → 炭水化物ダイエットの注意点 摂取量の制限

摂取量の制限

摂取量の制限ではなく、食事回数を制限することによって、空腹を持続させることのないようにします。炭水化物を摂りすぎてしまう例としては、一日のうちで絶え間なく、つまり時間が経っては何度も何度も炭水化物を摂取してしまうケースが多いのです。当然、このような食べ方は身体にも良くありません。そして食事回数を制限するというのは、摂取量を制限するよりも大切であることを説明させて頂きます。

一回の食事で食べられる量など、大体は決まっているものです。しかし食べ終えれば、当然ながら胃は食物を消化していきます。そして消化されれば、胃は場所が空き、また食べ物を入れられるようになります。炭水化物中毒の状態などであれば、このときにすぐさま炭水化物を摂取したくなるでしょう。こうして一日のうちで何回も絶え間なく食べ続ければ、肥満に陥ってしまうことも当たり前なのです。

ご褒美食というのは六十分間かけて食べることを勧められるものですが、これには摂取回数を制限するための意味合いも含まれています。時間をかけて好きなものを食べれば、すぐに食べ終わってしまうより満足感を得られますし、咀嚼回数も多くなって消化に良くなります。また二十四時間のうちの一時間を使うわけですから、必然的に他の食べる時間も圧縮されますし、消化が終わってから次の食事を摂るまでの時間を延ばせるのです。

摂取回数の制限は、炭水化物ダイエットとして最も大事と言えるかもしれません。


炭水化物ダイエットの注意点



http://www.parallelhouse.co.jp
リサイクルショップ

シェードカーテン
モンルーベジャパン

特許の翻訳について
http://transprime.co.jp/